中性脂肪 下げる方法

中性脂肪を下げる方法は運動!食事!サプリ!

中性脂肪の値が高いなんてよく耳にすることがありますが、中性脂肪値が少し高いからと言っても、何らかの体に大きな不調や不具合が起きてくるという自覚症状はないですよね。もしも、自覚することがあるとしたら「太ってきたかな」というようなことでしょう。

 

しかし、見た目が太っていなくても中性脂肪の値が高いということもあります。そもそも中性脂肪というのは何のことなのかというと、摂取したエネルギーが消費されずに余ってしまって体内に蓄積されてしまったもののことを言います。

 

中性脂肪は人間が生きていく上で絶対に必要なものですが、体に蓄積されているものが多すぎると生活習慣病や肥満リスクを高めてしまうのです。そんな中性脂肪を下げる方法について考えていきましょう。

 

中性脂肪を下げる方法 その1 食事を改善する

中性脂肪を下げる方法として一番に行っていきたいのが毎日の食生活を改善していくことです。中性脂肪が上がってしまった大きな原因は食事にあります。食べ過ぎ、脂質や糖質のとりすぎ、お酒の飲み過ぎなどは中性脂肪が高くなる原因になります。

 

中性脂肪を下げるためには、中性脂肪を下げる働きをする食べ物を摂り入れていく必要があります。中でも、食物繊維やEPAやDHAが含まれている食べ物がおすすめです。お酒が好きなひとは飲みすぎにも注意が必要です。アルコールは肝臓で分解されるため、肝臓の脂肪酸を分解する力まで使ってしまい、脂肪酸が蓄積されます。脂肪酸は中性脂肪を促進させてしまうので、中性脂肪が増えてしまいます。
(参考URL http://www.neutral-fat-o-sageru.com/how-to-lower-neutral-fat-level)

 

最低でも週に2日間の休肝日を作って上手にお酒と付き合っていきましょう。これを継続をしていくことも大切です。

 

中性脂肪を下げる方法 その2 適度な運動をする

中性脂肪を下げる方法として食事の次に重要になってくるのが運動です。急激な運動をいきなり始めても長く続かないので、適度な運動を心がけていきましょう。毎日続けていきたいのが有酸素運動です。ウォーキングやサイクリング、スイミングなどが有酸素運動に当てはまります。

 

中性脂肪を下げる方法として有効なのは有酸素運動ですが、中性脂肪を溜めにくくする筋肉質な体を作るために無酸素運動も重要になります。適度な運動を毎日の生活の中に取り入れていくことが大切です。

 

中性脂肪を下げる方法 その3 サプリメントを摂り入れる

中性脂肪を下げる方法として、食事の改善の中で「EPAやDHAが含まれている食べ物」がおすすめというお話をしました。EPAやDHAは青魚に多く含まれている必須脂肪酸ですが、サプリメントから摂取していくことができます。

 

毎日の食生活で栄養バランスが偏りがちな場合や魚不足が気になる場合などに、不足した栄養素を手軽に摂取することができるサプリメントはおすすめです。上手に摂り入れていくことで中性脂肪を下げる方法としても使えます。

 

中性脂肪 下げる方法