中性脂肪 下げる 食品

中性脂肪を下げる食品を食事に取り入れよう!

中性脂肪値が上がってしまってどうにか下げたいと願う時は、まず食生活の見直しをしてみましょう。中性脂肪値を下げる最も効果的な方法は食生活を改善することです。逆をいえば、中性脂肪が増えてしまう大きな原因は食生活にあるともいえるのです。

 

食べすぎや飲みすぎなどを控えて、糖質や脂質ばかりではなくて中性脂肪値を下げる食品を食事に取り入れていくことが大切です。中性脂肪値を下げることは生活習慣病の予防にもなることから、健康を保つためにも大切なことのです。

 

中性脂肪値を下げる食品

中性脂肪を減らしていくためには、中性脂肪値を下げることのできる食品を食事に取り入れていくことが必要です。しかし、中性脂肪を減らすことのできる食品といってもどんな食品が当てはまるのかがよく分かりません。医師などから「食事に気をつけてください」と言われても、どんな風に改善していけばよいのかがいまいち分からないものです。

 

そこで中性脂肪を下げるとされている食品をいくつか上げていきます。

 

青魚

中性脂肪を下げる食品として一番最初に思い浮かぶのが青魚です。青魚には必須脂肪酸のDHAやEPAが豊富に含まれています。中でも、イワシやサンマ、サバやマグロなどにはたくさんのDHAやEPAが含まれています。特にEPAは中性脂肪値がとても高い脂質異常症の治療薬としても使われている成分でもあります。

チアシード

チアシードは最近話題のスーパーフードです。チアシードにはオメガ3脂肪酸のα-リノレン酸が含まれていて、肝臓で行われる中性脂肪の合成を抑制します。チアシードは水を含むことで膨らむので食べると満腹感を得ることができます。食べ過ぎを起こさずに済みそうですね。

海藻類

海藻類のぬめり成分の「アルギン酸」は血糖値を抑制する働きがあります。血糖値は中性脂肪の元となるものなので血糖値を抑えることで中性脂肪の合成も抑えることができるのです。海藻類には青魚にも含まれているDHAやEPAも豊富に含まれているので中性脂肪を下げるにはとても良い食品なのです。

豆類

大豆やえんどう豆などの豆類にはグリニシンやβ‐コングリシニンという成分が含まれています。これらの成分は中性脂肪を下げる働きがあるとされています。
(参考URL http://中性脂肪を下げる方法・.net/food-reduce-neutralfat)

野菜

食物繊維が豊富に含まれている野菜を食べることで中性脂肪を下げることができます。特に水溶性食物繊維は胃腸にある中性脂肪を絡め取って体外に排出をしてくれます。

 

中性脂肪を下げる食品には唐辛子やナッツ類もおすすめ

中性脂肪を下げる食品は探してみるとたくさんあります。例えば
唐辛子も中性脂肪を燃焼させる働きをします。唐辛子が良いとなると野菜も入っている「キムチ」はおすすめですね。ナッツ類などは脂質が多いイメージがありますが、チアシードと同じくオメガ3脂肪酸のα-リノレン酸が多く含まれているので中性脂肪の合成を抑制します。しかしナッツはカロリーが高いのでほどほどに食べていきたいものでもあります。

 

中性脂肪 下げる 食品